組合の概要


安芸地区衛生施設管理組合は



  昭和38年5月22日に、府中町・海田町・熊野町・坂町・広島市(東区の一部・安芸区)のし尿・浄化槽汚泥の処理を共同で行うために設立された一部事務組合です。昭和57年3月に広島県安芸郡坂町21322番地の11にし尿・浄化槽汚泥処理施設を建設し、海田町より移転しました。
 また、平成14年12月からはし尿・浄化槽汚泥の処理に加え、固形状一般廃棄物(可燃ごみ)を焼却する施設を建設し運転を開始しています。風光明媚な瀬戸内海や緑あふれる美しい自然環境を守り、次世代に引き継ぐことを目標に適正処理を行っております。

  安芸地区衛生施設管理組合は、3つの建物(管理棟・安芸クリーンセンター・安芸衛生センター)から構成されています。




 安芸地区衛生施設管理組合規約

   ●規約の閲覧はこちら
     安芸地区衛生施設管理組合規約 (pdf形式)